専攻科
幼児保育専攻
の学び

幼児保育学科(2年制)で学んだ内容や実習経験を踏まえ、専攻科(1年制)にて保育士資格の取得を目指しながら、高い保育技術・技能を学び保育の専門性を深めます。

専攻科幼児保育専攻1年間で
取得できる資格(修了と同時に取得可能)

  • 国家資格

    保育士資格

  • 発達障がい児保育
    ベーシックプログラム (幼稚園教諭免許と保育士資格取得見込み者対象)

  • 認定ベビーシッター

  • ピアヘルパー

  • 准学校心理士

は幼児保育学科でも取得が可能

私の時間割

T.K.さん
専攻科 幼児保育専攻
埼玉県/鴻巣女子高等学校 出身

めざす免許・資格

1年次(前期)
1年次(後期)

〈 幼稚園教諭二種免許 + 特別支援学校教諭二種免許 + 保育資格 + 発達障がい児保育ベーシックプログラム修了 を取得する場合の単位数 〉

履修パターン

乳児の保育技術を習得する!

実践力を身につける学び

保育士は乳児特有の様々な保育技術が必要な上、保護者の子育て支援などの知識も必要です。
幼児保育学科で学んだ内容や実習経験をふまえ、専攻科で保育士資格の取得を目指しながら、自分の強みとなる保育技術を磨きます。

卒業研究タイトル(2021年度の一例)

知識・技術

音楽
  • わらべうたについて
  • 絵本歌について
教育情報学
  • 布絵本制作を支援するマルチメディアを活用したWeb開発
  • 幼児のためのマルチメディア絵本の開発
児童文学※
  • 絵本を通して学ぶ『多様性』
    ―障がい、ジェンダーフリーを描いた絵本―
モンテッソーリ教育
  • 『気になる子ども』が気にならない保育環境に関する一考察
    ― モンテッソーリ園と一般園との比較を通して ―
  • 障がい児の主体的活動を引きだすオリジナル教具の製作
    ― モンテッソーリ教具『着衣枠』『幾何たんす』を参考に ―
  • 日本文化を取り入れた新しいモンテッソーリ活動の提案
    ― 『日常生活の練習』分野における『書道』のおしごと ―

フィールドワーク

幼稚園

幼児教育

  • 幼稚園での出欠確認の活動とその重要性について
  • 幼稚園における保護者支援について

キリスト教保育

  • キリスト教保育での手話賛美歌の導入について
特別支援教育
  • 発達障がい児の他者とのコミュニケーション促進に関する実践研究
  • 自閉スペクトラム症児に対する問題解決行動促進支援
    ― 宝さがしゲームによる探索行動の促進 ―
  • 知的障がい児に対する音楽療法の取り組みとその効果
    ― 療育センターの実践観察から ―
保育・子育て支援
  • 園生活におけるわらべうた遊びが子どもにもたらす効果
    ― わらべうた遊びを行う際の在り方からの考察 ―
  • 知的障がい児に対する音楽療法の取り組みとその効果
    ― 療育センターの実践観察から ―
  • 子育て家庭のSNS活用状況と保育所の情報発信のあり方
    ― 保護者へのインタビュー調査を通して ―

※2022 年度は児童文学から児童文化に変更。

中内 麻美先生

専攻科の学びとは…

専攻科では、幼児保育学科2年間の学びを基礎として、保育士資格取得に向けた総仕上げと保育の専門性を磨く1年間となります。保育実習そして地域の児童福祉施設等でのフィールドワークを通して、保育士の役割や保育現場の実際について体験的に学んでいきます。さらに、幼児教育総合ゼミナールでは、学生一人ひとりが関心のあるテーマを探求し、研究レポートをまとめます。そのほか専門分野別の特別演習など本学独自のカリキュラムで保育の専門性を磨き、就職後に活きる力を身につけていきます。

  • 専攻科の1年間の学びの中で、幅広い経験・専門領域に取り組むことができます。
  • フィールドワーク※や実践的な知識・技術の指導として「特別演習」を位置づけています。
  • 「卒業研究」「卒業研究ゼミナール」と「特別演習」を連動させるため、ゼミナール担当教員が受け持つ「特別演習」の履修は必須。
  • 「卒業研究」は「特別演習」の実践的な学びをふまえて実践報告の形式をとります。
  • 「卒業研究ゼミナール」は主として卒業研究の作成指導を行います。子育て支援の技術および課題についてフィールドワークを通して学びます。

※保・教の現場の活動に直接参加し、学びを深める活動のこと

子育て支援に求められる知識や技術を身につけるため、「子育てひろば」を想定した実践的な学びを行っています。

T.K.さん
専攻科 幼児保育専攻
埼玉県/鴻巣女子高等学校 出身

ゼミでの学び
子育て支援について研究できるゼミに入りました。先生は研究の全体像をイメージする期間をくださり、研究の基礎を固めることができました。また、インタビューの質問事項や方法など、丁寧なご指導をいただき、無事研究を終えることができました。ゼミで学んだ「相手が答えやすい質問の仕方」や「会話の運び方」などを、就職後、保護者の職員とのコミュニケーションの場で活かしたいです。
卒業研究
研究テーマは「子育て家庭のSNS活用状況と保育所の情報発信のあり方」です。子育て世代のSNS利用の多さから、子育て支援でのSNS活用の現状を知りたいと思ったからです。SNSを活用した子育て支援について先行研究を調べ、子育て中の保護者にインタビューを行いました。結果に基づき、子育て環境やSNSの利便性、SNSを活用した子育て支援における保育士の役割について考察しました。

A.A.さん
専攻科 幼児保育専攻
東京都/星美学園高等学校(現・サレジアン国際学園高等学校)出身

ゼミでの学び
一つのことに視点を当て、深く研究していくという初めての経験になかなか慣れず、苦戦しましたが、研究を始める前より視野が広がったように思います。保育との関連性を感じられないテーマでも、保育と通じるものがあり、固定観念に縛られずに子どもたちと向き合うことの大切さを改めて感じました。
卒業研究
映像を視聴した時の読み取りと、あらすじを文字に起こして読んだ時の読み取りの違いについて考察し、同じストーリーでも見え方が変わるということがわかりました。文字に起こすことで、一つの行動の意図も別の視点から捉えられるようになり、様々な可能性を考えることができるようになります。研究を通して、あらすじを文字に起すということは、保育の記録に通じている点に気づきました。

発達障がい児保育ベーシックプログラム

星美だけの・・・・・オリジナルカリキュラム

星美独自のカリキュラムで一つ上のスキルを身につけ、さらに保育のスペシャリストを目指す

保育現場でニーズの高い発達障がい児への保育について、星美では理論だけではなく、支援方法を学び、実践に役立つ事例検討を行います。幼稚園教諭免許と保育士資格を取得見込みであれば受講可能です。修了試験に合格すると修了証を授与されます。

写真1 支援方法をシミュレーションで学ぶ

写真2 子どものニーズに合わせた教材作りを学ぶ

修了認定資格取得の条件は以下の通り

  • 1

    星美学園短期大学幼児保育学科で幼稚園教諭二種免許状を取得しており、星美学園短期大学専攻科幼児保育専攻にて保育士の資格を取得する

  • 2

    星美学園短期大学幼児保育学科で以下の科目の単位を修得する
    ● 障害者教育総論(知・肢・病)
    ● 特別支援教育総論 
    ● 自閉スペクトラム症者の心理・生理・病理
    ● 自閉スペクトラム症者の支援
    ● 重複障害・LD等教育論
    ● 知的障害者の心理・生理・病理

  • 3

    星美学園短期大学専攻科幼児保育専攻で以下の科目の単位を修得する
    ● 発達障がい児指導法演習

  • 4

    修了試験(認定試験受験料3,000円)に合格する

発達障がい児保育ベーシックプログラム修了証

発達障がい児についての専門的な学習を修得したという証となります。